石油系界面活性剤が良くないと言われている理由

石油系界面活性剤が良くないと言われている理由

界面活性剤は化粧品やシャンプーなどに含まれていますが、界面活性剤にはいくつか種類があり、全ての界面活性剤が体に悪影響を及ぼすものではありません。体に本当に良くないのは合成界面活性剤の中の石油系界面活性剤です。
界面活性剤は、肌の角質層を壊してしまうため、肌のバリア機能に影響を与えます。界面活性はたんぱく質を溶かし肌の表j面にある角質細胞を少しずつ溶かしてしまうのです。通常の界面活性剤は洗い流すことが可能で、洗い流せば問題はなく肌のバリア機能の破壊はなくなります。しかし、石油系は取れにくく無くなりにくい成分で、角質細胞を壊し続けてしまいます。肌に成分が浸透すると角質が崩壊してしまうのです。
安価なシャンプーなどのヘアケア製品には、石油系界面活性剤が使用されていることが多いです。その性質から水と脂を混ぜて脂汚れを落とすことができます。問題ないような印象ですが、殆どが質の悪い石油系の界面活性剤が使用されています。脂分を取り除くことができるということは、必要な皮脂をとり過ぎることにもつながり、頭皮は不足した皮脂を補うために過剰分泌や、敏感肌、毛穴を塞いだり抜け毛を増やすこともあります。
抜け毛を気にして頭皮や髪の毛に良いアミノ酸系などを使用することもありますが、アミノ酸系にも石油系界面活性剤やタール色素などを混合している場合もあるため、表記を確認することが大切です。

おすすめ馬油シャンプーランキング

石油系界面活性剤が良くないと言われている理由関連ページ

頭皮の臭いの原因と対策は
頭皮の臭いの原因と対策は
頭皮のかゆみの原因と対策は
頭皮のかゆみの原因と対策は
頭皮の皮脂を抑えるには
頭皮の皮脂を抑えるには
頭皮のフケの原因と対策は
頭皮のフケの原因と対策は
抜け毛が増える原因
抜け毛が増える原因
シリコンとノンシリコンの違いは
シリコンとノンシリコンの違いは
パラベンが良くないと言われている理由
パラベンが良くないと言われている理由